家電の買い替えはリサイクルショップがお得?

>

処分の方法又は買い替える場合

法律の目的

家電リサイクル法の目的は、家電4品目の小売業者や製造業者による収集・運搬再商品化に対し正しくスムーズな実施のための措置を用いることによって、廃棄物の再資源化の正しい利用を通して廃棄物の正しい処理・パーツの確保・生活環境の保全・国民の健全な生活ができるようにすることとあるとされています。
法律施行前は自治体がエアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫などを粗大ごみとして回収していましたが、法改正後は自治体ではこれら家電4品目が回収できなくなりました。
リサイクル料金はメーカーによって変わりますが大手メーカーは安く、委託の中小メーカーは高い傾向にあります。
なので使わなくなった家電はどう処理すればよいかよく調べて正しく処分しましょう。

リサイクルの仕組みはというと

対象商品を廃棄する人は、リサイクル料金等の負担をして購入した販売店または買い替えの際に販売店に引き取ってもらう。
その後、販売店は各都道府県にある1から数か所の指定引き取り場所に運び、そこから各リサイクル工場に運搬される。
製品を購入した販売店が閉店したまたは自身が遠隔地へ引っ越したため販売店が遠いや他人からもらった場合は直接指定引き取り場所に持っていくか、地域によっては家電量販店・電気店が窓口になって引き取ってくれる場合があります。
リサイクル工場ではケーブル類が細かく分別され再生可能なものは加工をし、製造工場に運搬され材料となり再生不可の物だけが廃棄される。
大規模災害などによって使用不能になったエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などは、特別措置として無料で自治体が回収を行っている。


この記事をシェアする
TOPへ戻る